男にはモテルが女にはモテナイ剛田猛男。美味しいところをことごとくイケメンな親友の砂田に持って行かれている彼だが…。純情な熱血漢のぶきっちょな恋物語!アニメ化も映画化もされています! 

 

俺物語!!のあらすじ

高校一年生の剛田猛男(ごうだ・たけお)は、正義感の強い熱血漢。「気は優しくて力持ち」を地で行く彼は、男子からの人気は高いが、いかつい顔と見上げるような巨体が災いし、幼年期から今まで、女子から一度も言い寄られたことがない。 

 

一方、剛田の同級生で幼馴染みの砂田 誠(すなだ・まこと)は、容姿端麗な優等生。「クールなイケメン」の砂田は、女子からの人気は非常に高いが、異性への関心はすこぶる薄いらしく、幼年期から今まで、剛田が好意を抱いた女子たちからの告白を片っ端から退けている。 

 

容姿も性格も頭の出来も正反対の二人だが、何故か親友同士で、いつも行動を共にしている。 

 

電車の中で痴漢被害に遭っていた大和凛子(やまと・りんこ)を救った剛田と砂田。惚れっぽい剛田は大和に一目惚れしてしまうのだが… 

俺物語!!のネタバレや感想

顔は四角いが、情に厚い猛男君。たらこ唇だが、困っている人を見過ごせない猛男君。目は細いが、とっても純情な猛男君。 

 

こんなに熱い男なのに、こんなに良い奴なのに、今まで彼が好きになった女子たちの視線は、全員親友でイケメンの砂田君に注がれてきました。ゆずはちゃんも、みさきちゃんも、かよみちゃんも、えりはちゃんも、まおちゃんも。最近では佐藤さんも。 

 

やがてそんな扱いに慣れっこになり、諦めの境地に達します。ま、しょうがねえわな。スナは俺と違って、イケメンでクールで要領もよくて勉強もできるし。 

 

猛男君がこんなにも女子にモテナイのは、やはり彼の顔が原因なのでしょうか?本当にそうでしょうか? 

 

それでは、猛男君の今までの言動を検証してみましょう。 

 

惚れっぽい猛男君は、幼稚園に入園してから中学を卒業するまで、数多くの同級生の女子たちを好きになってきましたが、彼女たちは例外なく、猛男君が告る前に砂田君に告っています。そう。「好きだ」と思っているだけで、全く行動に移そうとしないのです。 

 

ダメですね猛男君。本当に好きなら「好き」って早く言わないと。相手を好きになったって、行動を起こさなければ、それは君が「好き」だと勝手に思い込んでいるだけであって、本当に好きなわけではないのです。独りでよがってるだけなんですよ。砂田君をモテナイ言い訳に使っちゃいけません。 

 

砂田君から「最近、この小学校の周りで不審者が出たらしいぞ」と聞かされた猛男君。「何ィ?子供狙ってんのかソイツ?許せん!」ってことで、早速柔道着(?)姿で小学校を見張り始めます。 

 

い、痛い…痛すぎる…いくら正義感が強いからって、これはやり過ぎですよ。不審者を捕まえるどころか、自分が不審者になっちゃってるじゃないですか。もう高校生なんだから、もうちょっと考えてから行動しましょう? 

 

どうですか猛男君?君が女子にモテナイ原因は、必ずしも顔にあるわけじゃない。君の行動にも問題があると思いませんか? 

 

さて、そんな猛男君に偶然窮地を救われた大和さん。早速御礼に手作りのお菓子を持参して猛男君の自宅を訪れます。例によって例のごとく、彼女に一目惚れする猛男君ですが、「どうせこの子もスナのことを…」と、早くも諦めムードに。 

 

あのね猛男君、いくら御礼だって言っても、初対面の人に手間と時間のかかる手作りのお菓子を持参する人なんて普通いませんよ。お礼するだけなら、近くのケーキ屋さんでちょちょいっと買ったほうが断然楽なんだから。 

 

それに、そもそも砂田君目当てなら、初対面の人の住所を探し当てて、直接自宅にお邪魔しちゃうほど積極的な彼女のことだから、君の家じゃなくて砂田君の家に直行しますって。 

 

全く、鈍感にも程があります。だからモテナイの。顔じゃないの。分かった?分かったら、モテナイのを砂田君のせいにしてないで、さっさと全力で大和さんにアタックしなさい! 

 

まとめ

とても可愛らしい絵柄と、時折入る登場人物の絶妙なボケとツッコミにすっかりハマってしまいました。剛田君と砂田君の凸凹コンビ振りや、大和さんの天然振りがいい味を出しています。 

容姿端麗で成績優秀な親友の砂田君。昔っから女子たちの熱い視線を独り占めにし、行動も実にスマートです。それに引き換え、剛田君は昔っから女子に不人気で実に要領が悪い。好きになった子はさっさと砂田君に告白しちゃうし、人のために良いことしたって、お礼を言われるのはいつも砂田君。 

そんな剛田君ですが、他人への思い遣りと正義感は人一倍強く、そのために同性からはとても慕われています。ただし、人情家で正義感が強いキャラであることを強調しすぎて、逆に「ウザい」と感じてしまう場面が見受けられるのが、残念といえば残念。 

無骨でやや鈍感だが人情に厚い「漢の中の漢」の剛田君、容姿端麗で頭もよく、友達思いだが、やや冷淡な印象を与える「ほぼ完璧人間」の砂田君、そして天然ぶりが超可愛い大和さん。この3人の関係が今後どうなっていくのか楽しみです。