伝説のボクシング漫画「あしたのジョー」は、主人公の矢吹丈(ジョー)が荒んだ生活を乗り越えて努力をすることの大切さと、ライバルの存在に負けないという熱き思いが感じ取れる漫画です。 

あしたのジョーのあらすじ

序章

矢吹丈は貧しいドヤ街に表れ暴力団との乱闘騒ぎを起こします。ドヤ街に住む元プロボクサーの丹下段平は乱闘騒ぎを起こす矢吹丈の天性のボクシングセンスを見出して、一流のボクサーに育てようとボクシングの魅力を説得し始めます。 

しかし、矢吹丈は丹下段平の話に耳を傾けず、毎日奔放に暮らし続け、ついには犯罪にも手を出し警察に捕まってしまいます。 

本論

警察に捕まった矢吹丈も自分の才能には薄々気づいていましたが、どうやったら分からないというやり切れない思いを感じていました。恵まれない環境で誰からも大事にされていない辛い生い立ちが矢吹丈の前には立ちはだかっていました。 

そこに、丹下段平から一通の葉書が届きます。その内容はボクシングの基本である左ジャブの打ち方から始まる教科書でした。初めは馬鹿にしていた矢吹丈でしたが、自分の心に小さな灯が付き、丹下段平からのアドバイスを聞き入れ一人で練習を始めます。やがて矢吹丈のパンチは比べ物にならないほど研ぎ澄まされたものに進化していきます。 

矢吹丈は警察を脱走しようと試みますが、警察に同じく捕まっていた力石徹に矢吹丈は打ちのめされます。初めて自分より強い敵にあった矢吹丈は悔しくも、そのライバル力石徹を倒そうと心に決めるのです。力石徹とは警察署の中では対戦することはできませんでしたが、二人は出所後にプロボクシングのリングで対戦することになります。力石徹は矢吹丈との対戦を実現させるため、自らの身を削る減量に挑みました。何も食べず、水も飲めず苦しい減量生活を支えたのは、矢吹丈と戦うという約束を果たしたかったからと思います。お互いに警察につかまり境遇も近く、自分の才能に気付く二人だったので、認め合う部分もあったはずです。 

矢吹丈は力石徹に負けます。試合後に二人は健闘を称え歩み寄った際に力石徹は倒れ死んでしまいます。ライバルを失った悲しみと罪の意識に矢吹丈は囚われ、顔面を殴ることが出来ないトラウマが残ってしまいます。ボクシングは続けていきますが、悲しい傷を負った矢吹丈は答えを探し放浪します。 

終章

最終回は世界チャンピオンのホセとの試合になりますが、石徹との戦いから放浪生活で身に付けたボクシングに対する本気の思いと、無くなったライバルの分まで頑張ろうという気持ちが矢吹丈を支えます。惜しくも判定負けになってしまいますが、誰もが矢吹丈の頑張りを認めます。矢吹丈は試合では負けましたが、戦うことでは勝ったと試合を観た全員が分かっています。コーナーサイドに真っ白に燃え尽きた矢吹丈のシーンが描かれる伝説のラストシーンは涙無しでは読めません。頑張ることの素晴らしさを受け取ることができる漫画です。