レジェンド井上彦が描くバスケット漫画SLAM DUNKは赤い髪の不良少年である桜木花道が、湘北高校バスケット部の主将 赤木剛憲の妹である赤木晴子に一目ぼれをして好きでもないバスケットを始めたことから契機に、笑いあり涙ありの青春スポーツ漫画である。 

スラムダンクのあらすじ

序章

桜木花道が所属するバスケット部には同級生の流川楓が入部していた。桜木花道と違い中学校からバスケ部で活躍していた流川楓のプレーに桜木花道は嫉妬するが、生まれ持った負けず嫌いの心でコツコツと練習を重ねて行く。運動神経は抜群で体格にも恵まれている桜木花道は継続して一つのことに努力をしたことがなかった。流川楓と言う自分に無い才能を持つライバルに出会って桜木花道は成長したのかもしれない。 

本論

バスケット部には他にもキャラクターが確立されたメンバーが所属している。県内で五指に数えられるガードの一人の宮城リョ-タは持ち前のスピードで身長差を感じさせないプレーを見せる。マネジャーの彩子に片思いを続けており、桜木花道と女性運が無いことに意気投合する。バスケット部の中で唯一桜木花道のことを花道と呼ぶ。 

三井寿は中学時代に大活躍した選手で中学校の県大会で優勝している。湘北高校のバスケット部顧問の安西先生に「あきらめたらそこで試合は終了だよ」と声をかけられ感動し、数々の強豪校の誘いを断り湘北高校に入学している。高校でも抜群のセンスで大活躍を期待されていたが一年生同士の紅白戦で左膝の怪我をしてしまう。直ぐに復帰を目指し入院中でもバスケの練習をしていたことで三井寿の怪我は再発をしてしまう。同じ時期にバスケット部に入部した赤木剛憲が活躍し始めていたことで三井寿はバスケットから2年間も離れることになる。無駄な2年間を過ごしたことを三井寿は後悔しており、練習不足からスタミナが不足した際は泣いて自分を責めた。 

湘北高校バスケット部には魅力的なキャラクターが数多く描かれており、漫画の一ページをめくるのがとても楽しい。井上雄彦の絵の力にも支えられ躍動するキャラクターに魅了されていく。努力をすることを知らなかった桜木花道は仲間の存在に影響を受けてバスケットを好きになっていったと思う。 

終章

湘北高校バスケット部の快進撃は続きインターハイの出場を勝ち取る。2回戦では大会三連覇中の王者山王工業高校と対戦する。下馬評は山王高校が圧倒的に有利のなか、一時は20点差の差をつけられるが、湘北高校バスケット部のそれぞれのメンバーが持ち味を出して逆転勝ちを収めることになる。桜木花道は山王高校との戦いで怪我を負ってしまう。棄権を勧められるが、バスケットを本当に好きになった桜木花道はプレーを続行した。努力を積み重ねて初めて好きと言えるものを見つけた桜木花道であった。 

最終回ではリハビリ中の桜木花道が描かれている。再びコートに立つためにきついリハビリが課されている。努力を継続できる人が本当の天才である。好きだといえるまであきらめないで努力する桜木花道のバスケット道に感動します。