ファンタジスタのあらすじ

序章

サッカーの神様から閃きの才能を授かる選手はごく僅かです。サッカー漫画の代表格「ファンタジスタ」は、そのタイトルと同じサッカーの閃きの才能を授かった主人公 坂本撤平が成長する物語です。坂本撤兵は九州の孤島でサッカーの毎日練習をしていました。サッカー部の関東をする姉の坂本琴音を頼って島を離れて状況をします。坂本撤平はサッカー部に所属しますが、知り合いがいなかった島での生活と一変する練習に初めは戸惑います。しかし坂本撤平はボールの声に耳を傾け純粋にサッカーが好きな気持ちを練習で見せることで、周りのサッカー部のメンバーと打ち解けていきます。坂本撤平が所属するサッカー部の周りには強豪校が多く苦しみます。それでも坂本撤平はサッカーの神様から与えられた閃きの才能を発揮し強豪を倒していきます。そして強豪校の選手をスカウトしに来日していたイタリアACミランのスカウトに声をかけられ坂本撤平に世界でサッカーをすするという選択肢が広がっていきます。

本論

サッカーはチームメイトが居て試合が成立します。どんなに才能があっても一人でサッカーはできません。島では一人でサッカーをしていた坂本撤平が姉の指導を受け、周りのチームメイトと衝突をして成長をしていきます。サッカーが益々好きになっていく坂本撤平の真剣な姿に引き込まれます。

坂本撤兵は単身でイタリアに渡りACミランのプリマヴェーラに入団します。世界各地から才能を発掘された同じく若いサッカーのダイヤの原石達もプロの壁にぶつかり苦労をします。プリマヴェーラの新監督が就任をします。新監督は厳しい練習を課し、上を目指すプロ意識を目覚めさせるため負けたら退団する条件でトップチームとの試合を組んでしまいます。坂本撤平達は試合の中でもサッカーに対するお互いの思いを確認しながら成長していきます。トップチームとの試合は何とか引き分けに持ち込むことが出来ました。トップチームから誘いがあった坂本撤平でしたが日本に帰国してオリンピックチームに参加をすることになります。本番の試合から離れていた坂本撤平らは調子を落とし、一時はスタメンから外されることになりますが、同じくファンタジスタの才能に恵まれる日本オリンピックチームの沖田の頑張りに奮起しトーナメントを勝ち上がっていくことになります。オリンピックの決勝戦は坂本撤平と因縁があるイタリアで、かつてのチームメイト達と闘うことになります。決勝戦は坂本撤平の活躍で日本が勝利することになります。ファンタジスタの輝きと同じ黄金のメダルを坂本撤平は掴み取ることになります。

終章

ファンタジスタでは必殺シュートなどは登場しません。サッカー選手としての苦悩や喜びなど人間らしさが細かく描写されています。天性の才能を持った主人公の坂本撤平が環境に適応しながら、周り他人達と関わりサッカー選手として成長していきます。サッカーが好きな人はチームとしての戦術や連携が大事であると分かると思います。本当にサッカー好きであれば読んで欲しい一冊です。