ドラゴンボールのあらすじ

序章

世界中で読まれている一番有名な漫画と言えるドラゴンボールは主人公の孫悟空がライバルとの戦いを重ねて成長をしていくアドベンチャー物語です。謎の尻尾が生えた少年の主人公の孫悟空の前に科学者のブルマが現れます。孫悟空は無くなったオレンジ色の宝玉を持っていました。ブルマは孫悟空にドラゴンボールの存在を伝えます。ドラゴンボールは7つあり、全て集めると何でも願いを叶える神龍(シェンロ)が現れます。孫悟空とブルマはドラゴンボールを集める旅に出発します。 

本論

旅を経て孫悟空は成長を重ね亀仙人という武術の達人の下で修業をします。修業では親友となるクリリンと共に鍛錬の日々を過ごします。修業で強くなった孫悟空は世界から有数の武闘家が集まる天下一舞闘会に参加します。孫悟空は決勝戦で返送した亀仙人に敗れます。大会の優勝を目指して再び天下一武闘会に孫悟空は参加しますが、亀仙人のライバル鶴仙人の弟子の天津飯に僅かの運の差で敗れてしまいます。 

大会が終わるとクリリンが殺されてしまいます。昔に封印されたはずのピッコロ大魔王が復活したのです。かつて舞闘家に封じ込まれたピッコロ大魔王は世界中の武闘家を倒しに部下の悪魔を派遣します。数多くの武闘家が倒されるなかで、孫悟空は神様の修業を重ねてピッコロ大魔王を倒します。ピッコロ大魔王は自分の分身を生み落とし、天下一武闘に参加させます。天下一武闘会の優勝を目指す孫悟空は世界征服を企てるピッコロ大魔王に決勝戦で勝ち、悲願の優勝を果たします。 

孫悟空の闘いは続きますが、孫悟空は人造人間達との闘いで地球を守る為に命を落とすことになります。孫悟空には息子の孫悟飯が生まれており、人造人間を吸収した完全生命体のセルを孫悟飯が倒し仇を討つことになります。 

最終章は死んだ孫悟空が復活した最悪の魔人ブウと戦うことになります。死んだ孫悟空は息子の孫悟飯達に地球を守って欲しいと思いを託します。最悪の魔人ブウは信じられない強さで孫悟飯達を倒します。孫悟空は全宇宙の神である老界王神の命を授かり復活をします。孫悟空は魔人ブウとの最終決戦に挑み、地球だけでなく天界の人の力を借りて必殺技の元気玉で魔人ブウを倒します。死んだ魔人ブウは少年ウーブに生まれ変わって天下一舞闘に参加をします。 

終章

強い敵がたくさん登場しますが、素直で真面目な孫悟空は強くなりたい思いで修業に励みます。自分より強い人に遭うとワクワクする気持ちを抱える孫悟空を応援したくなります。死んだ魔人ブウも少年生まれ変わり孫悟空が少年だったころと同じように天下一武闘会に参加します。ドラゴンボールの原点は強い敵と戦っていきたい冒険心にあると思います。夢中で最終回まで読み続けました。